2007年 10月 25日
HIDEKI KAJI FROM OSAKA
a0086061_1116072.jpg


*Hideki Kaji( カジ ヒデキ)
*シンガーソングライター
*Web : http://www.1fct.com/kajihideki/news.htm
Photo : Yuri Hirai From la reine Reinette
Web : http://www.reinette-web.com/
*Special Thanks : Fumu Fumu no mori
*Web : http://www.humu-humu.net/

*お世話になっているかわいいブランドla reine Reinette のユリさんと「ふむふむの森」さんのご協力により、ついにカジヒデキさんがこのページに登場してくれました。本当に感謝です。カジさんは最近Avex系のミュージシャン、鈴木亜美さんのレコーディングに携わる傍ら、 ロンドンと東京を行き来するミュージシャンでUK インディ、サッカーをこよなく愛するジェットセッター。2001-02シーズンより「Foot!」(J SPORTS)のテーマソングを提供しており、大のサッカーフリークで、チェルシーFCのシーズンチケットを保有しているそうです。そんないろんなことを含めてユリさんが直撃インタビューしてくれたのでここ数日はカジさん特集です!

以下 文 la Reine Reinette 平井 裕梨 さん
*10月24日発売ニューアルバム「Towns and Streets」*
カジヒデキさん8枚目となるニューアルバムのテーマはまさに"POP"、しかも"Extremely POP!=超ポップ!"。ニューアルバム「Towns and Streets」は、彼の大ヒット作、曇りのない青空のようなアルバム「Mini Skirt」からはじまり、新しい表情を著しく見せた前作、映画『24 hour party people』や『Factory』を彷彿させるコアな一面が炸裂した「NEW PRETTY」に至る全てを、一呼吸していい具合に混ぜ合わせ、良質に、そして最上級に仕上げたミックスジュースのような贅沢な作品。 そこには2006年始めよりUKを中心に巻き起こったムーブメント"テムズ・ビート"への思いや愛情、そしてUKからインスパイアされた「何か」が存在する。Towns and Streetsとは、まさにロンドンの街や一角、通りのこと。それぞれの場所から生まれる文化や音楽や生活、そしてそれらの面白さや深さ。培われてきた伝統の上に新しいものが重ねられて生まれるロンドンの各々の文化には、とてつもなく大きなパワーやエネルギーがある、そんなことも感じているのだそう。カジヒデキさんがロ・u」鵐疋鵑吏・緕纈苹を感じて誕生させた音。そこにはfun、interesting、amusing・・・といった、一様には表現しきれない様々な面白さが込められている。生きることの楽しさや素晴らしさを再認識させてくれる輝く「何か」がはっきりと存在している。ロンドンに移住して数年の彼だからこそ表現することができた、ロンドンの空気をふんだんに取り入れた、とびきりフレッシュでマスターピースなアルバムである。曲のタイトルのところどころに"テムズ・ビート"のアーティスト名が!そんなところからもカジさんのテムズビートに対する敬愛の念が感じられます。

この写真のカジさんのギターにはクラウンマークが入っています。クイーンズ繋がり☆と思って尋ねてみたら・・・、ギブソンのエルビスプレスリーモデルだそうです!

是非 新作 「Towns and Streets」お聞きください。
そして只今ふむふむの森のページでは 加地さんのインタビュー連載が記載されておりますのでぜひご覧ください。ふむふむの森ではさんla Reine Reinette のインタビューなんかも載っていて他にも面白いコンテンツたくさんです。
http://www.humu-humu.net/
[PR]

by queensofsounds | 2007-10-25 11:28


<< HIDEKI KAJI FRO...      THE ENEMY AT VI... >>